特任チーム

ワークハピネスの特別任務をなんでもこなす

私たちは、様々な特殊任務を任される、
特命係長のようなチームです(笑)
詳しくは社内の者にお問い合わせください。

中尾欽哉


シニアマネージャー

03

INTERVIEW
インタビュー

中尾欽哉

特任チームはどんな仕事をしていますか?

中尾:特任チームって一言で表現するのは難しいですね。あえて言うのであれば、自分の持っている能力や価値を会社の業績に結び付けられるように貢献ができる人たちの集まり、ですね。チームのメンバーは全然違うタイプの人たちの集まりなんですけど、それぞれがこれまで違うやり方で会社に貢献してきました。その部分を特化していくことで会社により貢献することができると信じています。

特任チームにはどんな人がいるんですか?

中尾:例えば、ある人は、研修の講師として価値を最大限発揮する仕事をしていたり、ある人は企業の変革を支援する提案をして様々な企業にワークハピネスの考え方を導入してシステム化させたり。さまざまな分野でスペシャリストとして仕事をしています。個人的には、営業現場で人・組織への変革につながるような企業の取り組みを支援していますね。

人・組織の変革を促す取り組み

具体的には、どんな取り組みをされていますか?

中尾:例えば、先日はある電気通信のクライアントの管理職に対して意識を変革させる研修を実施しました。その企業は管理職の意志の弱さを課題として持っていました。売上至上主義の文化が強い会社なのですが、彼らは、会社の方針や意志よりも結果を出すことのみに焦点をあてていました。部下を徹底的に管理したり具体的な指示を出すマネジメントをとっていたのです。そんな彼らに、自分が仕事をしている意義を見出す研修を受けてもらいました。

組織で働く人々の変化

実際にどんな変化があったのですか?

中尾:責任とか義務感で仕事をするのではなく、自らの意志を持って自社の方針と重ね合わせ、自分のミッション・ビジョン・バリューを明確にすることで、自分がこれからの会社を考えてどうしていくべきか具体的に考えられる機会になりました。この研修を導入するにあたって、クライアントの人事の運営側と綿密な打ち合わせをしたり時間をかけてきました。その結果として、実際に彼らが社内で自分の考えをもって色々な行動を起こし始めていると聞いて、とても嬉しくなります。

中尾欽哉

特任チーム/シニアマネージャー

エントリーはこちら